貯金箱

【知ってリスク回避】不動産投資の注意点とは

  1. ホーム
  2. 対策を講じよう

対策を講じよう

街を持つ人

不動産投資をするのであれば、ある程度のリスクを覚悟する必要があります。リスクを恐れていては不動産投資はできません。しかし、リスクを恐れず闇雲に不動産投資をしろというわけではありません。リスクを理解して、きちんと対策を講じながら不動産投資を進めていくことが重要なのです。そうすれば、低リスクで安定的な収入を得ることも可能です。例えば、不動産投資における最大のリスクである空室については、購入する物件によってかなり防ぐことができます。狙うべき物件は大都市の中心部へ電車で15分以内に行くことができる駅の周辺です。最寄駅から徒歩7分を目安としましょう。このような物件は他の物件と比べて、取引価格が高くなっていますが、その分、空室に困ることはありません。空室になっても2ヶ月以内には次の入居者が決まる可能性が高いです。入居者を募集してくれる賃貸仲介会社も、このようなエリアであれば積極的に引き受けてくれるため、仲介手数料を無料にしたり、フリーレント期間を設けたりする必要もほとんどありません。また、空室と同じくらい意識しておくべきものとして災害リスクが挙げられます。災害になったときに被害を最小限に留められれば、収入が途絶えることもありません。災害への対策としては、RC造もしくはSRC造の収益物件を選ぶこと、複数の物件を所有する場合には1ヶ所に集中させないことなどが挙げられます。まずは、この2つの対策を講じるだけでも、不動産投資の成果は大きく変わってきます。