貯金箱

【知ってリスク回避】不動産投資の注意点とは

  1. ホーム
  2. 入居年数を確認しよう

入居年数を確認しよう

紙幣

不動産投資をするにあたって、真っ先に気を付けなければならないことは空室リスクです。空室になってしまうと収入が途絶えてしまうため、収支が大きく狂ってしまいます。空室リスクの小さい投資物件を選ぶということが不動産投資の大原則となります。空室リスクの小さい物件を選ぶためにはエリアを限定するべきです。特に不動産投資の初心者であれば、奇抜なエリアを狙わず、王道のエリアを選びましょう。王道のエリアとは、人口が増え続けることが予想されるうえに、利便性の良いエリアです。主要ターミナル駅に10分から20分程度で行ける駅を選ぶとよいです。これで空室リスクをかなり軽減することができます。空室リスクの次に気を付けなければならないことが修繕リスクです。古い物件や、特定の入居者が長いこと居た場合には、入居者の入れ替えの際に、内装費用が跳ね上がることがあります。中古ワンルームマンションのような小さな物件でも、クロスの張替から照明器具の取替え、水回りの補修、エアコンの取替えなどすべて行うと、30万円前後かかります。投資物件を探す際には、物件の築年数や入居者の居住年数に注意をしておきましょう。なお、この修繕リスクについては、投資物件の買付申込書を出す際に、価格に反映することである程度回避することができます。値下げを要求する際の根拠として上手に使うとよいです。空室リスクと修繕リスクに気を付けておけば、安定した収入を得られる不動産投資を実現できます。