男女

【知ってリスク回避】不動産投資の注意点とは

不動産に投資する際の注意

メンズ

不動産投資は魅力のある投資で、上手くやれば不労所得も生み出します。しかし、不動産投資には様々なリスクがありますのでよく理解しておく必要があります。特に空室リスクや流動性リスクなど不動産投資固有のものについては注意が必要です。

入居年数を確認しよう

紙幣

不動産投資をするにあたって気を付けなければならないことは空室リスクと修繕リスクです。人口が増え続けている利便性の良いエリアを選び、気になる投資物件が見つかったら、修繕状況や入居年数を確認しておきましょう。

対策を講じよう

街を持つ人

不動産投資にリスクは付き物です。しかし、きちんとした対策を取れば、小さなリスクに抑えることが可能です。例えば、空室リスクに対しては、収益物件の所在エリアを大都市の中心部周辺に限定することが重要になってきます。

対策をしっかり講じること

女性

長期的視点で管理

不動産投資も投資の一種です。そのため必ずリスクはつきものになります。株式取引を行う際のリスク管理は、銘柄を分散させる分散投資や損切の設定を必ず行うなどの方法があります。不動産投資のリスクは収益が得られなくなることです。空室による賃貸契約が成立していない状況や家賃が滞納されるケースも収入が途絶えることになります。これらを回避するためには、常に需要のある物件を探すことが大事なポイントになります。新築で不動産を購入した場合、需要は最も高い状態にあります。駅からの距離などが多少離れていても家賃次第では空室が埋まることも多いのです。しかし不動産投資は数年で終わるものではありません。数十年を通して投資するものです。築年数が経過すると物件の魅力は薄くなり、需要も低下します。この状態はどの物件でも通過する道のりです。この状態で空室が発生すると今後の需要も見込めなくなります。長い目で見た時に空室をおこさないように考慮することが不動産投資での最大のリスク管理になります。不動産は他にも建設されます。近い位置に新しい物件が建設されると魅力度はその物件に移ります。そのため、近い位置に物件が建設されにくそうな立地を探すことも大事なポイントになります。マンション規制地区などは建設が制限される地域になりますので、新しい物件が建設されるリスクを抑えることが可能になります。不動産投資は長期的観点でリスク管理を行う事が大事なのです。